金澤市電2202保存会

2007年12月9日の活動

雨天のため、パテ研ぎと溶接ができません。今回は山本さんのみ作業参加で、画像と共に報告がありました。


補強と周囲の枠を切り離して鉄板だけにします。

 

鉄板の厚さの半分まで溝を彫り、後は曲げたり戻したりを繰り返して切り離し、グラインダーの砥石を節約します。

 

今日切り取った鉄板は戸袋の部分に使います。

 

熔接するのはステップを復元してからになります。

 

撮影:山本さん


inserted by FC2 system